<   2018年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

4/20(金)18時半~韓国文化院ハンマダンホールで開催された映画『犯罪都市』の試写会に行ってきました。この日の試写会にはトークイベントがあり、元神奈川県警の小川泰平さんがゲストとして登場し、貴重なお話を聴くことができました。

あらすじを書いておきますね。2004年のソウルの中国人街で、地元のマフィアと中国からの新興勢力が対立し、街の住人達は日々怯えながら暮らすことになってしまいます。そんな状況を打破するべく、地元警察の強力班に所属する刑事たちが立ち上がるのですが…。

まずこの作品で注目すべき点は、マ・ドンソクさんの頼りがいのある肉体です。まるで格闘家の様な肉体にびっくりさせられます。そして、ユン・ゲサンの悪役ぶりにも驚かされます。今回の役で、彼の演技の幅が広がったのではないかなと思いました。目を覆いたくなるような残酷なシーンもありましたが、二人の迫力のある演技に引き込まれること間違いなしです。

また、この作品が実話を基に作られたということにも驚きを隠せません。日々危険と隣り合わせの刑事さんたちに、感謝したいなと思いました。この作品は、4月28日(土)より全国公開です。
c0034138_12220727.jpg
[画像:FilmarksHPより]
[PR]
2018年4月19日(木)18時半~ユーロライブにて開催された、映画『名もなき野良犬の輪舞』の試写会に行ってきました。18時半~『ハゲタカ』の原作者でもある作家の真山仁さんと映画評論家さんのトークショーがあり、その後19時~本編の上映があったのですが、ネタバレをしないように注意しながらの面白い解説を聴くことが出来てよかったです。

あらすじを簡単に書いておきますね。主人公ジェホ(ソル・ギョングさん)は、悪の組織でNo.1になることを目標としている受刑者です。彼が服役する刑務所に、ある日ヒョンス(イム・シワンさん)という野心的な新入りが入ってきます。今まで人を信用したことがなかったジェホですが、ヒョンスが自分の命を救ってくれたことをきっかけに、彼を自分の仲間に引き入れるのですが…。

ここまで観ていると、悪人たちの友情物語のようにも感じてしまいますが、実は思いもよらない裏切りがあって、いったい誰が味方で誰が敵なのか、最後まで気を許せない作品です。「人を信じるな、状況を信じろ」が口癖だったジェホが、何故ヒョンスのことを信じてみようと思ったのか。そして、そのことでどんな結末を迎えるのか。5月5日(土)から全国公開されますので、皆さんぜひ劇場に足を運んで確かめてほしいです。

余談ですが、この作品の原題は『불한당 나쁜놈들의 세상(不汗党 悪いやつらの世界)と言います。불한당(不汗党・プランダン)』の意味は”他人を苦しめ、恥しらずな行動をとる者の集まり”だそうです。そこで私は、なぜ邦題が『名もなき野良犬の輪舞』になったのか考えてみました。この作品の内容を”裏社会で生きている孤独な野良犬のような人たちが、大勢で輪になって躍っているようだ”と理解したからなのかなと思ったのですが如何でしょうか?ぜひタイトルにも注目しながら、作品を観てもらいたいです。
c0034138_15030331.jpg
[画像:ぴあ映画生活より]

[PR]
2018年4月9日(月)18時半~虎ノ門にあるニッショーホールで開催された映画『焼肉ドラゴン』の試写会に行ってきました。この作品は鄭義信さん作・演出による舞台『焼肉ドラゴン』を映画化したもので、鄭義信さんの初監督作品でもあります。

この日の試写会は舞台挨拶付きでしたので、会場はマスコミ関係や試写会のお客さんで混雑していました。ちなみに、その日の登壇者は鄭監督、真木よう子さん、井上真央さん、大泉洋さん、桜庭ななみさんの5人という豪華な顔ぶれ。大泉洋さんのコメントが面白くてとても楽しい舞台挨拶でした。詳細は動画を載せておきますのでそちらでご覧になってくださいね。

簡単なあらすじを書いておきます。大阪万博が開催された1970(昭和45)年、関西で小さな焼き肉店を営む家族がいました。主人の名は龍吉、妻の名は英順。二人は再婚で、龍吉には静花と梨花、英順には美花という娘がおり、再婚後に生まれた一人息子の時生を含めた6人家族で暮していました。

「たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとええ日になる」が口癖の龍吉は、戦争で故郷と片腕を失いながらも、毎日懸命に働き家族を養っている立派なお父さんです。経営しているお店には近所に住む常連が集まりいつもにぎやか。ようやく安住の地を得たと思っていたところ、再開発計画によって立ち退きを迫られることに。そして、龍吉夫婦の子供たちにも様々な問題が起きてしまうのですが…。

映画には韓国人キャストが数人登場していますが、お父さん役のキム・サンホさんの存在感は半端なかったです。演技はもちろんですが、日本語がとてもお上手で驚きました。この作品は、6月22日(金)より全国公開です。

[動画]大泉洋、井上真央から「自然と怒りが湧いてきた」クレームにタジタジ 映画『焼肉ドラゴン』完成披露試写会(オリコン)
大泉洋、「ようちゃん」声援に戸惑い?舞台あいさつで会場沸かす 映画「焼肉ドラゴン」完成披露試写会舞台あいさつ1(maidigtv)
井上真央、大泉洋に罵声「自然に怒りがわいた」 映画「焼肉ドラゴン」完成披露試写会舞台あいさつ2(maidigtv)

[画像:公式サイトより]
c0034138_14384404.jpg

[PR]
2018年4月8日(日)14時~日比谷にある東宝試写室で行われた、映画『のみとり侍』の女性限定試写会に行ってきました。こちらは小松重男さんの同名小説を映画化したもので、阿部寛さん主演のR-15指定作品です。つまり男女が肌を露出させるシーンが少しだけあります。

あらすじを簡単に書いておきますね。江戸時代、阿部寛さん演じる長岡藩のエリート藩士・小林寛之進は、些細なことで殿様の怒りを買ってしまい"猫ののみとり"という職業に降格させられてしまいます。"猫ののみとり"とは、表向きはその名の通り猫についたのみを取ることを生業としているのですが、裏ではお客様である女性を悦ばせることをしなくてはならない添寝業のことだったのです。

最初のお客さんは亡くなった妻にそっくりな女性・おみね(寺島しのぶさん)。しかし、その女性を満足させることが出来ず怒らせてしまいます。生真面目な寛之進は殿の命令を守るべく、ひょんなことで知り合った大店の婿養子で恐妻家の遊び人・清兵衛さん(豊川悦司さん)を師匠と仰ぎ、なんとかお役目を全うしようと努力するのですが…。

たとえ不本意な仕事でも腐らずに真面目にやろうと努力する寛之進さんの姿がとてもいじらしくもありおかしくもあり、いやらしさは少しも感じませんでした。それと、少しだけネタバレになりますが、エロと言ったらこの人という齊藤工さんが出ていたのに、彼のエロい部分は一つも出て来なかったので、もしそれを期待していた方には少し残念かもしれません。

ちなみに、江戸時代に”猫ののみとり”という職業は実際にあったそうですが、女性のお相手をするという部分はフィクションだそうなので、念の為お伝えしておきます。この作品は5月18日(金)より全国公開です。R-15指定ですのでくれぐれもお気をつけくださいね。(追伸:山村紅葉さんの登場シーンがかなり強烈で怖かったです!)

[画像:公式サイトより]
c0034138_16081619.jpg

[PR]