5日(金)18時半~有楽町朝日ホールで行われた、映画『シャンハイ』の試写会に行って来ました。

映画の舞台は太平洋戦争開戦前の上海。当時、上海では、イギリス・アメリカ・日本などが租界を設け、覇を競っていました。そんな中、あるアメリカ人諜報部員が謎の死を遂げます。彼の死に疑問を抱いた友人が、上海に乗り込み真相を明らかにしようとするのですが・・・。

コン・リー、チョウ・ユンファ、菊地凛子、渡辺謙という豪華キャストが出演する作品なので、かなり期待して観に行きましたが、内容自体はそれほどでもなかったです(苦笑)。この映画は8月20日より公開されます。

c0034138_16361172.jpg


[画像:ウーマンエキサイト]
[PR]
# by foreverprince | 2011-08-09 17:00 | 試写会(その他)
29日(日)10時半から有楽町よみうりホールで行われた映画『星守る犬』の試写会に行って来ました。この作品は村上たかしさん原作のコミックを映画化したものです。

北海道名寄にあるキャンプ場の近くに停められたワゴン車の中から、身元不明の男性と犬の遺体が発見されます。男性の遺体が死後半年以上経過しているのに、犬の遺体は死後1ヶ月程度ということが判明し、「なぜ犬は男性が亡くなった後もその場を離れなかったのか?」ということに疑問を抱いた市役所に勤める男性職員(玉山鉄ニ)は、男性と犬の足跡をたどるため自家用車で東京に向かいます。

ひょんなことから東京で出会った北海道旭川出身の少女(川島海荷)と共に、男性の情報を求め「東京ーいわきー遠野ー八戸ー石狩ー名寄」を旅するうちに、2人は男性(西田敏行)と飼い犬(ハッピー)が歩んできた人生を知ることになるのですが・・・。

リストラ、熟年離婚、無縁社会など、社会問題を描いたこの作品の原作本は、「泣けた本ランキング」と「読者が選ぶプラチナ本」で1位になるほど話題になったそうです。人それぞれ感想は違うでしょうが、私は大きなスクリーンで観てほしい作品だなと思いました。ひまわり畑の美しさと、健気な犬の姿が印象に残ったこの映画は、6月11日(土)から全国公開です。

c0034138_11212389.jpg

[画像:ウーマンエキサイト]
[PR]
# by foreverprince | 2011-05-30 11:48 | 試写会(日本映画)
14日(木)18時半~よみうりホールで行われた映画『まほろ駅前多田便利軒』の試写会に行って来ました。この作品は三浦しをんさんの直木賞受賞作を映画化したものです。

東京郊外の”まほろ”で便利屋をやっている多田(瑛太)。ある日、多田は高校の同級生だった行天(松田龍平)と再会し、ひょんなことから事務所兼自宅で同居生活をすることになります。真面目な多田と変人の行天は、依頼人からの訳ありの仕事をこなしていくうちに、ある犯罪に巻き込まれてしまうのですが・・・。

私は原作本の大ファンで、本を読んだ後「ぜひこの作品を映像化してほしいな」と思っていました。そして、瑛太くんと松田龍平くんが主役で映画化されると知った時は、正直とても嬉しかったです。

映画をみた感想ですが、原作を読んでいたからか、自分で作り上げた勝手なイメージがあったようで、「このキャラクターをこの俳優さんが演じるの?」などという疑問や不満のようなものが多少ありました。たぶん思いいれが強すぎたのが原因ではないかと思います。原作本を読まないで映画をみる方が、先入観を持たずにすむのでよいのかも知れません。

なんだかマイナスコメントを書いてしまいましたが、この映画がとても面白い作品だということは間違いありません。特に主役の2人の演技はとてもよかったと思います。ぜひ多くの方にみて頂きたいです。この映画は、2011年4月23日より 新宿ピカデリーほかで全国公開されます。

c0034138_1922256.jpg

[画像:ウーマンエキサイトシネマ]

(PS)原作本を読んだ際「”まほろ”って”町田”のことかな」と思っていましたが、やはり間違いなかったようです。映画をみれば「ロケ地は町田だ」ということがずぐに分かりますので、ぜひ劇場で確認してみてくださいね。
[PR]
# by foreverprince | 2011-04-18 19:22 | 試写会(日本映画)
6日(水)18時15分~よみうりホールで行われた映画『八日目の蝉』の試写会に行って来ました。この作品は角田光代さんの小説を映画化したもので、NHKでもドラマ化されています。

不倫相手の子供を身ごもり妊娠中絶をした野々宮希和子(永作博美)。二度と子供が産めない体になった彼女は、不倫相手の奥さんが女の子を出産したことを知り家を訪ねて行きます。赤ちゃんの名前は秋山恵理菜。家には両親の姿がなく、赤ちゃんだけが残されていました。衝動的に赤ちゃんを連れ出してしまう希和子。その日から2人の擬似親子生活が始まりました。

逃亡生活をしながら実の親子のように生活していた二人ですが、あることがきっかけで希和子は誘拐犯として捕まってしまいます。”今まで母親だと思っていた人が実は誘拐犯だった”ということを理解出来ない恵理菜。赤ちゃんの頃に連れ出された恵理菜には実の両親の記憶がなく、親子の関係がギクシャクしたまま成長していきます。

数年後、大学生になり1人暮らしを始めた恵理菜(井上真央)のもとに、フリーのライターだと名乗る女性(小池栄子)が訪ねてきます。その女性が「あなたのことを記事にしたい」と取材を申込んだことがきっかけで、恵理菜は過去を振り返ることになるのですが・・・。

誘拐された側から見れば誘拐という罪を犯した女性は酷い女性なのだと思います。でも、作品を観終わった後、何故か私は誘拐犯である希和子を悪人のようには思えませんでした。たぶん2人の擬似親子関係が、とても幸せそうに見えたからかも知れません。映画を観た人がどんな感想を持つのか、とても気になりました。この作品は、2011年4月29日より全国公開されます。

[画像:ウーマンエキサイトシネマより]
c0034138_17542221.jpg

[PR]
# by foreverprince | 2011-04-07 17:55 | 試写会(日本映画)

被災地の皆さんへ

mixiに載っていた情報をコピペしておきます。ぜひご一読ください。

地震が起こったら、必ずドアを開けてください
避難経路を確保してください
窓のそばは危険です離れてください

そして、家にいる人は、お風呂に水をためてください
ただ避難の際に水を出しっぱなしにしてしまうケースが多いため、水不足が懸念されます
被災地に近ければ近いほど水の使用は制限してください
さらに、地震の影響で泥水が混ざっている可能性があるので十分な注意が必要です

ガス漏れなどの危険性のない地域の方で、まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください

あと、避難の際は必ず運動靴を履いて逃げてください。
今は足元に危険な物が多数落ちている場合があります。怪我防止に努めましょう
もし出先でヒール履いてるという人は折る

X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意
携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要

救急ダイアルが混乱するので、できるだけ安否確認で電話は使わない

あったらいいもの
お金 水 ペンライト お菓子 携帯 応急セット ハンカチ ティッシュ
食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。トイレは基本ないからビニール袋を
ビニール袋があれば雨水を溜めましょう。飲めます

パニックになったら周りもパニックになるからしゃがんで「落ち着いて!」と叫ぶ。

ストッキング履いてる女性はできるだけ脱ぐ。火傷したら広がるから。あとナプキンがいい止血帯になるから覚えておいてください。

災害に乗じて犯罪が増えているようです。女性を狙った性犯罪(公衆トイレは危険だそうです)、警察と偽る詐欺電話・訪問、空き巣・強盗など

家が壊れていない場合、防犯対策をきっちりとしてください
建物に赤い紙が貼られているのは「全壊」の判断を受けた建物のようです。倒壊の恐れがあるので近寄らないで下さい
広い道路の真ん中を歩く。沢山の人が帰宅します。慌てずに。出来れば、側にあるビルには入らずに

意識を失っている場合むやみに揺すったり名前を読んではいけません
地震とか二次災害が起きても慌てずに情報をインターネット・ラジオなどから得ること 嘘の情報も流れている可能性があるのでしっかり見極めて判断すること

屋内の場合
●家の中
・テーブルの下にもぐる(無理なら座ぶとんなどで頭を守る)
・ガラス片が危険なため、素足で歩かない
・火の始末はすみやかに
●デパート・スーパー
・バッグなどで頭を保護
・ショーウインドウや売り場から離れ、壁際に
・係員の指示に従う
●ビル・オフィス
・机や作業台の下にもぐる
・ロッカーなど大型備品の転倒、OA機器の落下に注意
●集合住宅
・ドアや窓を開けて、避難口を確保
・エレベーターは絶対使用しない。避難は階段で
屋外の場合
●路上
・かばんなどで頭を保護し、空き地や公園などに避難
・ガラスや看板などの落下に注意
・建物、ブロック塀、自動販売機などには近寄らない
●車を運転中
・ハンドルをしっかり握り徐々にスピードを落す
・道路の左側に車を寄せ、エンジンを切る
●電車などの車内
・つり革、手すりに両手でしっかりつかまる
・勝手に車外へ飛び出さず、係員の指示に従う
●海岸付近
・海岸からすぐに離れ、高台へ避難する

テレビ・ラジオなどで正しい情報を確認
安否情報は各キャリアの伝言板へ。自分の位置情報を書き込んで下さい
安否の確認は災害伝言板ダイヤル171、ツイッター・ネットやSkypeを使いましょう。

通信各社の災害用伝言板は以下の通り。
▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/110311_01_m.html 伝言板にメッセージ登録が可能なのは青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県。
PCからメッセージを確認する場合はhttp://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi
▼KDDIの災害用伝言板サービス
EZWEBトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へ。
安否情報の確認はhttp://dengon.ezweb.ne.jp/
▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板
http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html Yahoo!ケータイの災害用伝言板メニューかMy Softbankからアクセス。
安否情報の確認はhttp://dengon.softbank.ne.jp/
▼NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/index.html  災害用伝言ダイヤル「171」と災害用ブロードバンド伝言板「web171」。
▼ウィルコムの災害用伝言板
http://www.willcom-inc.com/ja/dengon/index.html  ウィルコム端末からのアクセスはhttp://dengon.clubh.ne.jp/
 他社携帯やPCからのアクセスはhttp://dengon.willcom-inc.com/
▼イー・モバイルの災害用伝言板
http://emobile.jp/service/option1.html#saigai  アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ。
 安否確認はhttp://dengon.emnet.ne.jp/

[PR]
# by foreverprince | 2011-03-13 18:24 | その他
エキサイトに載っていました。ぜひ参考にしてください。

IT総合 - エキサイトニュース
[PR]
# by foreverprince | 2011-03-13 18:20 | その他
1/26(水)18時半から有楽町朝日ホールで上映された、韓国映画『私の愛、私のそばに』の試写会に行って来ました。2009年韓国で大ヒットしたというこの作品は、難病のALS患者の夫と、その夫を介護する妻の物語です。余談ですが、この日、会場には、鳩山前首相ご夫妻がゲストとしていらしていました。

ALS患者のジョンウ(キム・ミョンミン)は、母を亡くした日に幼馴染で葬祭ディレクターをしているジス(ハ・ジウォン)と運命的な再会をします。恋に落ちて1年後に結婚した2人の新居は病院。ジスは働きながらジョンウを献身的に介護しますが、ジョンウの症状は悪化し、だんだん機嫌も悪くなり、ジスに当り散らすようになってきます。そして、恐れていた言語障害も始まってしまうのです。

自分の思うように体が動かない患者さんと、その患者を支える家族の姿がとても切なくて、涙を誘うこの作品は、2011年2月5日より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開されます。ドラマ『ベートベンウイルス』のキム・ミョンミンが、20キロ以上の減量をして挑んだ迫力の演技と、ドラマ『チェオクの剣』など時代劇のイメージがあるハ・ジウォンさん演じる健気な妻の姿は見ものです。ぜひご覧になってみてくださいね。

[画像:ウーマンエキサイトシネマ]
c0034138_13164081.jpg


(PS)

この映画を観て、会場で泣いていた人も大勢いましたが、私は最後まで涙を流しませんでした。昨年、人生初の入院と手術を経験したからか、何故かとても冷静にこの作品をみてしまったようです。映画を観終わった後「人間はいつ何が起きるか分からないし、いつか必ず死ぬのだから、悔いの無い人生を送りたいな」と思ってしまいました。
[PR]
# by foreverprince | 2011-01-30 13:35 | 試写会(韓国映画)
今更ですがUPしたいと思います。中孝介さんが歌う主題歌目当てで、2010年10月8日(金)に銀座シネパトスまで行って来ました。

昭和38年、九州の炭鉱町に離婚後子連れで里帰りした女性”美智子”。都会育ちの彼女の息子”守”が、地元の悪がきたちに囲まれているところを、町の暴れん坊”信さん”が助けてくれたことにより、美智子と守は信さんと親しくなります。町の人たちから冷たくされていた信さんは、優しく美しい美智子にだけは心を開き、いつしか特別な感情を抱くように。

しかし、父の死をきっかけに、信さんは家計を支えるため、人より早く大人になってしまいます。自分のことよりも家族のことを優先して生きてきた信さん。もうすぐ彼も幸せになれるのかなと思っていた矢先に、彼の勤める炭鉱で事故が発生してしまいます。映画を観終わった後、「信さんの人生っていったいなんだったのかな?」とちょっと寂しい気持ちになりました。

昭和の炭鉱町の様子がよく分かる作品です。興味のある方はぜひみてくださいね。

作品詳細(ウーマンエキサイトシネマ)
[PR]
# by foreverprince | 2011-01-27 18:04 | 試写会(日本映画)

試写会レポ

10/8(金)に、銀座シネパトスで行われた、映画『信さん』の試写会に行きました。現在PCの調子が悪いため、レポは後日UPしたいと思います。しばらくお待ちください。
[PR]
# by foreverprince | 2010-11-09 17:07 | 試写会(日本映画)
9日(月)よみうりホールで行われた映画『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』の試写会に行って来ました。この作品は、以前日本でも放送されていた人気ドラマを、新しいキャストで映画化したものです。

無実の罪で投獄されたAチームのメンバーは、汚名を晴らすために脱獄します。仲間の裏切りなど様々な困難が待ち受ける中、知恵と度胸で闘い続けるAチームの姿は痛快でした。オリジナルのドラマの方もまた観てみたいなと思えるような、アクション満載のとても楽しい作品です。

詳しい内容は楽しみが減ってしまうので、劇場で確認してくださいね。ちなみに、エンドロールが終わった後、お楽しみ映像がありますので、そちらの方もぜひお見逃しなく。この作品は、8月20日より TOHOシネマズ有楽座ほか全国にて公開です。

(注)一部の劇場では8月14日より先行公開されるそうです!詳細はこちらで確認してくださいね。

c0034138_11363190.jpg

[画像:ウーマンエキサイトシネマ]
[PR]
# by foreverprince | 2010-08-11 11:43 | 試写会(その他)

「FOREVER PRINCE」の別館です。最近では、試写会感想ブログのような状態になっています。


by foreverprince