<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

昨日18時半より虎ノ門にあるニッショーホールで行われた、台湾映画『海角七号/君想う、国境の南』試写会に行って来ました。この映画は、歌手の中孝介さんや、トニー・タナカさんのお嬢さん田中千絵さんが出演していたり、台湾で歴代1位を記録するほど大ヒットした作品だという情報を事前に入手していたため、ずっと観たいと思っていたのです。

ファン・イーチェンさん演じる主人公のアガは、台北でバンド活動をしていましたが、メジャーデビューも出来ず、失意のまま故郷に戻り、郵便配達の仕事を嫌々ながらしている無気力な青年です。郵便物を配達せず、自宅に隠し持っているような、ちょっと困った人でもあります(苦笑)

そんな彼の故郷で日本人歌手・中孝介のコンサートが行われることになり、地元のメンバーで前座バンドを結成するという話が持ち上がるのです。オーディションの末、アガもバンドのメンバーになり、現場のまとめ役を務める田中千絵さん演じる日本人女性・友子と一緒に仕事をすることになります。

友子は異国の地で文化の違いなどに悩みながら、素人バンドをなんとかまとめようとするのですが、リーダーのアガとも衝突してしまい落ち込む日々。アガも寄せ集めの素人集団をまとめようと必死ですが、苦労が絶えません。

そんなある日、郵便配達をするアガの元に、宛先不明の日本からの手紙が届きます。その手紙は1940年代の日本統治下の台湾に教師として赴任していた日本人男性が、日本名が小島友子という彼の教え子の台湾人女性に宛てた出せなかった7通のラブレターだったのです。果たしてその手紙が友子さんの手元に無事に届くのでしょうか?そして、前座バンドは無事に歌を披露することが出来るのでしょうか?

「この映画ってお涙頂戴ものなのかな?」と思っていましたが、笑えるシーンも多くとても面白い作品でした。作品の中で、日本語・台湾語・北京語という3つの言語が出てくるのも興味深かったです。台湾の最南端にある恒春の風景が美しいこの作品は、12月26日よりシネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開されます。ぜひ、スクリーンでご覧になってくださいね。

[バナー:映画公式サイト]
海角七号 - 君想う、国境の南 -

【更新】

関連情報をいくつかご紹介しておきますね。

台湾で活躍する日本人 9『蔭山征彦』インタビュー(台北ナビ)
台湾映画に主演、現地で大ブレイクの田中千絵が凱旋会見で喜び爆発(eiga.com)
映画『海角七号』特集VOL.1!ウェイ・ダーション(魏徳聖)監督インタビュー(ライブ台湾)
映画『海角七号』特集VOL.2! ヴァン・ファンことファン・イーチェンさんインタビュー(ライブ台湾)
映画『海角七号』特集VOL.3! 田中千絵さんインタビュー(ライブ台湾)
[PR]
by foreverprince | 2009-12-16 17:31 | 試写会(その他)
昨日、汐留で行われた映画『牛の鈴音』の試写会に行ってきました。今回の試写会にはゲストが来るというので、とても楽しみにしていたのですが、事前に誰が来るか告知はありませんでした。いったい誰がくるのかなと思っていたところ、イ・チュンニョル監督と黒田福美さんが登場してくれてとても嬉しかったです。

ちなみに、前回の試写会とは違い、今回は会場で映画のロゴとイラストが入った、タオルハンカチを頂くことが出来ました。試写会の前に司会者の方から「きっとこのタオルを使うことになると思いますよ」と言われましたが、私は使う必要はなかったです(苦笑)

それから、上映終了後には出口に監督さんがいてご挨拶していたので、ほんの少しだけお話もしてきました。監督さんから大変貴重な映画の裏話を聞くことも出来ましたし、黒田さんのお姿も拝見出来て本当に良かったです。

読売新聞に監督さんのインタビュー記事が載っていたので、ご参考までに紹介しておきますね。

「牛の鈴音」イ・チュンニョル監督(読売新聞)

【更新】

別の関連記事もご紹介しておきます。

『牛の鈴音』の監督来日! 舞台あいさつ&記者会見開催(WOW!KOREA)
感動呼ぶ人と牛のきずな ドキュメンタリー「牛の鈴音」 イ・チュンニョル監督(産経新聞)
[PR]
by foreverprince | 2009-12-11 18:09 | 試写会(韓国映画)

「FOREVER PRINCE」の別館です。最近では、試写会感想ブログのような状態になっています。


by foreverprince