<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

18日厚生年金会館で行われた映画『Sweet Rain 死神の精度』の試写会に行ってきました。この作品は、金城武さんが主演の日本映画です。ちなみに、今回の試写会も、金城武君目当てで行ったため、事前に何の知識もないまま出かけました(苦笑)。

この映画は、小説を映画化したもののようですが、なかなか面白かったですよ。死神というタイトルがついているため、かなりおどろおどろしい内容なのかなと思いましたが、笑えるシーンもあって、割りと楽しめました。多少強引なストーリーではありましたが、この映画を観れば死神に対するイメージも変わるかも知れません。

この映画の内容を簡単に説明しておきますね。金城武さんの演じる主人公は、地上では千葉と名乗っている死神です。彼の任務は不慮の事故で死ぬ運命の人に接触して、その人を<死なす=実行>か<生かす=見送り>かの判定をすること。まず最初に彼が接触したのは、小西真奈美さん演じる、電機メーカーの苦情処理係りの女性です。

彼女は自分の周囲にいる人が、不慮の事故で死んでしまうことで悩み苦しみ、いつも暗い顔をしている地味で内気な女性です。おまけに、最近彼女の職場には、彼女を指名して電話をかけてくる、クレーマーまで出現。これはストーカーなのではと恐怖感を抱く彼女。(注:実はそのクレーマーは、彼女の運命を左右するような重要な人物なのですが、どんな人なのかは映画を観てのお楽しみと言うことにしておきますね)

死神はそんな彼女と接触するうち、彼女はまだこの世に遣り残したことがあると思い、結局彼女を生かすことにしました。そして、数年後、彼はまた別の姿で地上に現れ、別のターゲットと接触するのですが・・・。

この映画は、1985年、2007年、2028年の3つの時代を舞台に展開していきます。死神は痛みを感じませんし、年もとらないという設定です。偶然にも同じターゲットと、違う時代で再度接触してしまうという運命のいたずら。こういうところがこの映画の魅力なのかなと思います。

皆さんもぜひこの映画を劇場の大きなスクリーンで観てください。背が高くて足の長い金城君を観れば、彼のファンでもない人でもきっと目の保養になりますよ(笑)。この映画は3月22日(土)より、全国公開です。
c0034138_12412852.jpg

[PR]
by foreverprince | 2008-03-20 12:44 | 試写会(金城武)

「FOREVER PRINCE」の別館です。最近では、試写会感想ブログのような状態になっています。


by foreverprince