<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昨晩、よみうりホールで行われた、ユ・ジテ主演映画『ノートに眠った願いごと』の試写会に行ってきました。この作品は、1995年にソウルで起きた三豊百貨店の崩落事故に関するものです。私はちょうどこのころソウルに留学中だったので、事故現場から生存者が救出される様子を、テレビのニュース速報で観ていたことを、今でもよく覚えています。

簡単なあらすじを書いておきますね。ユ・ジテさん演じる司法試験に合格したヒョヌと、キム・ジスさん演じる恋人のミンジュは、結婚を約束をした恋人同士です。1995年6月29日、二人は新居で使う家具などを買うために、一緒にデパートに行く約束をしていました。でも、ヒョヌは急な仕事の予定が入り、彼女に先にデパートに行くように促します。
c0034138_22322133.jpg


「1人で行くのは嫌だ」と言う彼女を暑いさなか外で待つのは大変だろうと思ったヒョヌは、「デパートならクーラーもあるし、6時までには行くので地下にあるコーヒーショップで待っていてほしい」と半ば強引にミンジュをデパートに行かせました。ようやく仕事が終わり、彼女の待つデパートに向かうヒョヌ。でも、なんとそのデパートがヒョヌの目の前で崩れ落ちてしまうのです。

何故あの日あの現場に行けと言ってしまったのか。彼は自分を責めます。そして、恋人を失ったヒョヌは、その悲しみを忘れるため、仕事人間になるのです。

10年後のある日、検事になっていたヒョヌは、自分が担当する政治家と企業の汚職がらみ事件で、上からの圧力がかかり上司から休職するように言われます。不正を暴くために努力したくても何も出来ない自分。そんな悔しい思いをしているとき、彼のもとに死んだミンジュの父親が訪ねてきて、1冊の日記帳を置いていくのです。

その日記帳には「ミンジュとヒョヌの新婚旅行」と書いてありました。そこには生前彼女が書き残した二人の新婚旅行の計画が書いたあったのです。ちょうど休職を言い渡されていたヒョヌは、この日記の計画通りに旅をしようと思います。

彼女の日記帳を頼りに旅に出た彼。でも、何故か、いつも彼の前にオム・ジウォンさん演じる旅行中の女性が現れるのです。おまけに、彼女は死んだミンジュが書き残したメモと、全く同じ台詞もすらすらと言ってのけてしまいます。

ヒョヌは彼女に問いかけます「君はミンジュを知っているの?」と・・・。彼の問いかけを聞いた途端、彼女は急に苦しみ始め、泣き出してしまいました。いったい彼女は何者なのでしょうか?
c0034138_23291076.jpg


この作品は、事故の犠牲者とその遺族、そして生存者の生々しい体験が、伝わってくる映画でした。遺族の苦しみと生存者の苦しみ。10年経ってもなかなかいえることのない心の傷。かなり悲しい映画でしたが、映画の最後の方で、ようやく明日への希望が持てるような内容だったのが良かったです。

それと、この映画を観て主演のユ・ジテさんはやはり良い俳優さんだなということを再認識しました。彼はハンサムではないのですが、とても魅力的で観ていて飽きない人ですね。また、高倉健さんのファンで、日本に留学していたということにも、なんだか親しみを感じます。

また、この作品を観ると、韓国の秋の美しい風景を堪能することが出来ます。秋の韓国に行ってみたくなる、映像美が素晴らしい作品です。ぜひ劇場の大きなスクリーンでご覧になってみてくださいね。この映画は11月3日(土)より公開されます。

(PS)公開初日にはユ・ジテさんの舞台挨拶もあるようです。

[写真:Naverより]
[PR]
by foreverprince | 2007-10-30 23:21 | 試写会(韓国映画)
昨晩、あの台風の中、東京国際映画祭のコリアンシネマウイーク2007で上映された、パク・シニャンさんが主演の映画『眩しい日に』を観に、渋谷のオーチャードホールまで行ってきました。この作品には、ドラマ『ありがとうございます』にも出演していたソ・シネちゃんも出ていましたので、チャン・ヒョクさんのファンの方にとっても、注目すべき作品なのではないでしょうか?簡単なあらすじを書いておきますね。

目に障害のあるパク・シニャンさん演じる釜山に住むウ・ジョンテ。チンピラの彼は、傷害罪で警察に捕まり留置場に入ることに。そんな彼のもとに、ある女性が現れ「あなたには子供がいる。その子供を預かってくれたら、被害者との示談交渉もするしお金も払う」と言ってくるのです。自分に子供がいるとは夢にも思わなかったジョンテは、「この女頭がおかしいのでは?」と思いつつも、新しいビジネスを始めるための資金を得られるのではと考え、その提案を受け入れることにします。

子供の名前はジュン。ソ・シネちゃん演じる施設で育った7歳の女の子です。彼女はアメリカに養子に行くことが決まっていたのですが、アメリカに行く前に、実の父親と暮らしたいと言ったのだとか。つまり、お金を払うというのは、「子供を育てれば養子縁組でもらえるお金を差し上げます」ということだったのです。

チンピラの父親と7歳の女の子の共同生活、最初のうちはなかなかうまくいかなかったのですが、なんとか仲良く暮らすようになれたのかなと思っていたころ、ジョンテは娘の様子がどうもおかしいことに気がつきます。そのとき初めて、娘が不治の病で余命いくばくもない状態だったために、実の父親との生活を望んだということをジョンテは知るのです。

彼は良い父親になろうと懸命に努力しますが、結局ジュンは亡くなってしまいます。そして、彼女の遺言で角膜を父親に提供することになり、失明寸前だった彼は視力を取り戻すのですが・・・。

映画の終盤で「え?なんだ、そうだったの?」というどんでん返しがあるお話なので、最後までぜひじっくり観てください。この映画を観て私は「血のつながりってなんだか不思議だな」と思いました。

実はこの映画、行く予定はなかったのですが、KBSで申込んでいた招待券が当たったので、急遽行くことになりました。まさか当たるとは思わなかったので、本当に驚いています。でも、昨日はあいにくの天気だったせいか、私の座った席の周りは空席が目立ちました。たぶん招待席だったので、無駄にしてしまった方が多いのではないでしょうか?パク・シニャンさんとソ・シネちゃんの演技が素晴らしかっただけに、なんだか残念でした。

ちなみに、昨日観た映画に、私がいつも連絡を取っている事務所の方が、エキストラで出演していたのです。スクリーンに知り合いが映ったのでもうびっくり。昨晩ヒョギへの贈り物の件で相談があって電話をした際、その話をしたら「僕は有名人なんですよ」と冗談を言っていました(笑)

以前、映画『4人の食卓』にヒョギの元マネージャーさんがエキストラ出演していたことがありましたし、やはりsidus系列のi-filmで作った作品だけに、事務所の関係者が出ていても、不思議ではないのかも知れませんね。別の作品にも出ていないのか、今度機会があったら聞いてみたいと思います。

なんだか話が横道にそれてしまいましたね。すみません。この映画の情報はこちら(韓国語)をご覧くださいね。

[写真:韓国Naver映画より]
c0034138_21562083.jpg

[PR]
by foreverprince | 2007-10-28 21:59 | 試写会(韓国映画)
クリスマス公演の正式名称が決まったようです。<THE Shin Seung Hun SHOW-Christmas Miracle in Japan->だそうですよ。おまけにバナーも載っていたのでコピーさせて頂きました。このバナーで効果的な宣伝が出来れば嬉しいです。

(写真&情報:シン・スンフン ジャパンオフィシャルサイトより)
c0034138_023643.gif

[PR]
by foreverprince | 2007-10-07 00:03 | シン・スンフンオッパ

「FOREVER PRINCE」の別館です。最近では、試写会感想ブログのような状態になっています。


by foreverprince