<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<ジャケット写真>オッパの姿はなくかなりシンプルなものですね。
c0034138_21395554.jpg


<収録曲>なんと15曲ですよ。嬉しいですね♪ドラマの曲も入ってます。

1 Dream of my life
作詞: シム・ヒョンボ 作曲: シン・スンフン 編曲: イ・ジュンホ
2 送縁悲歌 (別れを告げる悲しい歌)
作詞: ヤン・ジェソン 作曲: シン・スンフン 編曲: ハン・テス
3 Lady (むくげの花がまた・・・咲きました)
作詞: チョ・ウンヒ 作曲: シン・スンフン 編曲: パク・ソンジュン
4 時間を逆に歩いて
作詞: キム・ジニョン 作曲: シン・スンフン 編曲: イ・スンファン
5 いま会いに行きます
作詞: チョ・ウンヒ 作曲: シン・スンフン 編曲: パク・ソンジュン
6 僕は待つしかないけれど・・・.
作詞: ヤン・ジェソン 作曲: シン・スンフン 編曲: イ・スンファン
7 そうでしょうか
作詞: ヤン・ジェソン 作曲: キム・ジョンイク 編曲: キム・ジョンイク
8 I luv U  I luv U  I luv U
作詞: チェ・ガブォン 作曲: シン・スンフン 編曲: キム・ミンス
9 辛くても、 それでも…
作詞: ヤン・ジェソン 作曲: イン・ヨンフン 編曲: キム・ミンス
10 そうだったね (Song for Mother)
作詞: シム・ヒョンボ 作曲: シン・スンフン 編曲: イ・スンファン
11 ロミオ& ジュリエット 2
作詞: キム・ヨンア 作曲: イ・ジュンホ 編曲: イ・ジュンホ
12 どこかで君に何か起きれば
作詞: シム・ゼヒ 作曲: シン・スンフン 編曲: イ・ジュンホ
13 Wonderful world
作詞: シム・ヒョンボ 作曲: シン・スンフン 編曲: パク・ジュノ
14 どうすれば・・・ (天国の樹 OST) ]
作詞: チェウナ 作曲: ユンイルサン
15 それでも愛だ (このろくでなしの愛 OST)
作詞: ユン・サラ 作曲: チョ・ヨンス 編曲: チョ・ヨンス
(曲名:山野楽器HPより)

【更新】

以前収録曲を16曲とお伝えしましたが、15曲の間違いでした。お詫びして訂正いたします。(2006/10/10)

[PR]
by foreverprince | 2006-09-24 21:45 | シン・スンフンオッパ
昨日ワーナーマイカルで行われた映画「イルマーレ」の試写会に行ってきました。皆さんすでにご存知だと思いますが、この映画はイ・ジョンジェさんとチョン・ジヒョンさんが出演した韓国映画「イルマーレ」のリメイクです。

あらすじを簡単に書いておきますと、女性が湖の家からマンションに引越しをし、”昔の住所に手紙が届いたら新しい住所に届けて欲しい”と湖の家の住人にお願いすることから始まります。でも、その手紙を受け取った男性が彼女の指定した住所に行ってみると、そこはマンションの建設予定地で看板しかありません。

お互い変だなと思いつつ手紙のやり取りをしていると、2004年に湖の家に住んでいる男性と2006年に湖の家から別の住まいに引っ越した女性が、同じ家のポストで時空を超えて奇妙な文通を行っているということが分かったのです。男性は2004年、女性は2006年。最初のうちはにわかにそんな話を信じることも出来ず、お互い怪訝に思いますが、どう考えても相手の言っていることが正しいのだということが分かり驚きます。そして何度もやりとりをするうち、いつしか二人は惹かれあうのです。

c0034138_1891330.jpg


彼女に対する感情を抑えきれなくなった男性は、彼女に会いたいと思い”2006年の明日、つまり僕にとっては2年後の明日、待ち合わせをしたいのでどこか場所を指定して欲しい”と言ってきます。そこで彼女はいつも満員で予約をすることもなかなか出来ないレストラン「イルマーレ」で会いたいと言うのです。彼は2004年に2年後の予約をし、彼女は翌日レストランに出かけ彼を待つのですが、彼は結局現れませんでした。

彼女はそのことで彼に不信感を抱き、彼に別れを告げます。いったい何故彼は店に行けなかったのか、2004年の彼には知る由もありません。でも、彼女はある日彼が来れられなかった理由を知ってしまうのです。果たしてその理由とは・・・。

ネタバレになるといけませんので、詳しいことは書きませんが、この映画割と良かったですよ。ただ、未来の人間が過去の人間に色々とアドバイスをして歴史を変えてしまうことに、私は違和感を覚えました。もちろんこれはあくまでもフィクションなのであまり真剣に考えなくてもよいのでしょうが・・・。

恋愛映画を観たい方、きれいな景色を観たい方、主演俳優のファンの方、良かったら劇場に出かけてみては如何でしょうか?映画「イルマーレ」は明日23日から公開されます。
c0034138_1893157.jpg

(写真:Yahoo映画より)
[PR]
by foreverprince | 2006-09-22 18:23 | 試写会(その他)
19日(火)文京シビックホールで行われた映画「トンマッコルへようこそ」の試写会に行ってきました。簡単なあらすじを書きたいと思います。

朝鮮戦争のさなか、韓国にはトンマッコルという平和な村がありました。その村があまりにも山奥にあったため、村人たちは今戦争が起きているということを全く知りませんでした。

そんな平和な村にある日6人のお客様がいらっしゃいました。1人は飛行機が墜落してしまい村に辿り着いたアメリカ人の兵隊さん(連合軍)で、2人は韓国の兵隊さん(韓国軍)、そして残りの3人は北朝鮮の兵隊さん(人民軍)でした。

アメリカ人の兵隊さんは韓国の兵隊さんをみて、自分を助けに来たのだと思い喜びますが、すぐに勘違いだということに気付き落胆します。

韓国の兵隊さんと北朝鮮の兵隊さんは、お互い敵同士なので武器をもってにらみ合いを続けますが、平和な村で過ごすうちに戦うことが馬鹿らしくなり、村の住民と共に畑仕事をしながら、いつしか誰が敵で誰が味方であるかということも忘れ、皆親しくなります。

でも、いつまでもこんな生活が続く訳はありません。アメリカ人の兵隊さんを探しにきた連合軍によって、村の平和な暮らしにも不穏な陰が忍び寄るのです。果たして村人と兵隊さんたちの運命は・・・。

とても良い作品なので、あまり詳しいことを書くのはやめようと思います。おススメの作品なので、皆さん是非是非劇場へ足を運んでみてください。(注:Yahooでオンライン試写会を行うようなので、そちらに申し込んでみるのも1つの方法ですが、やはり劇場の方が迫力があるので良いと思います)

私が特におススメしたいのは、食料倉庫が爆発してポップコーンが空から降ってくるシーンと、イノシシに襲われた子供を皆で協力して助け合うシーンと、自分たちの目の前に爆弾が落ちてくるのをみて兵隊さんたちが微笑むシーンです。

私が陳腐な言葉を並べてこの映画を語るのはとても勿体ないような気がしますので、是非多くの方に直接観て頂き、感動を味わってもらえたと思います。
c0034138_19225929.jpg


追伸:シン・ハギュンさんとチョン・ジェヨンさんがとてもかっこよかったです♪
c0034138_1926283.jpg

(写真:Yahoo映画より)
[PR]
by foreverprince | 2006-09-20 19:26 | 試写会(韓国映画)

「FOREVER PRINCE」の別館です。最近では、試写会感想ブログのような状態になっています。


by foreverprince