カテゴリ:韓国語( 7 )

ちょこっと韓国語講座

<私がこちらのHPで使っている韓国語と、ハングル文字の入力について説明します>

☆私が使っているオッパという表現は、女性からみた年上の男性に
対する呼び方です。芸能人を応援する女性の集団のことを一時期
韓国では”オッパ部隊”と呼んでいたこともありました。
ちなみにお兄さんという意味の言葉なので、本当のお兄さんの
こともオッパと呼びます。もし本当の兄弟と区別する時は頭に
”チン친”をつけて”チンオッパ친오빠”と呼び区別します。

  (年上の男性) (年上の女性)  (年下の男性・年下の女性)
<男性>→ヒョン형   ヌナ누나   トンセン동생orナムドンセン남동생
<女性>→オッパ오빠 オンニ언니  トンセン동생orヨドンセン여동생


ただ言葉は時代によって変化するので、女性が男性のことをヒョンと
呼んだり、男性が女性のことをオンニと呼んだりすることもあるよう
です。確かヒョンと言う表現は、大学生たちがよく使っていたので、
女学生もヒョンと言いたいといったので、流行ったんだそうです。

とにかく、韓国の身内の呼び方は本当に難しいので、今は取りあえず
これくらい覚えておいて下さいね。

それ以外にはこんな呼び方もありますね。

アジュンマ아줌마(おばさん)、アジョシ아저씨(おじさん)
アガシ아가씨(お嬢さん)、チョンガ총각(独身の男性)


ちなみにいい年して独身の男性のことはノチョンガ노총각
呼び、オールドミスのことはノチョニョ노처녀と呼びます。
노처녀とは漢字で”老処女”と書くので、かなりどぎつく
感じる方もいるようです。ちょっと嫌味な表現かも知れませんね。

あ、そう言えば、最近はアガシという表現はあまり使わないようです。
お店などで女性が女性を呼ぶ時は、年齢に関係なくオンニと言えば
良いようです。それと、お店で人を呼んだりする時は、すみません
ではなく、チョギヨ저기요といえばOKです。

それと韓国語には英語のYouに当たる言葉がありません。一応タンシン
당신
という言葉がありますが、この言葉は夫婦間や恋人同士で使う
表現
です。また、喧嘩をする時に”お前””貴様”というような場面
でも使います。
なので、くれぐれもこの言葉をYouという意味では
使わないようにして下さい。


この言葉を使わない場合は、相手の名前に氏씨や様님をつければOK
です。でも相手の苗字に氏씨をつけると大変失礼な表現になります。
例えばキム氏と呼んだ場合は”キムの奴””キムの野郎”という意味
になるので、注意して下さい。一応、フルネームとファーストネームに
様や氏をつける分には、問題ありません。
あー、韓国語って難しいですね。

☆ハングル文字の入力の方法ですが、最新式のPCでは既に文字入力が
可能な状態のようです。でももし古いタイプのPCの方は、GLOBAL
IMEというものを検索してそれを入れてください。

もしくは、Yahoo Japanから韓国のYahooへ飛ぶと、PCの環境ごとのやり方が
記載されています。そちらを参考にしてみて下さいね。

☆韓国では最近”モムチャン””オルチャン””マムチャン”という言葉が流行っているようです。

モムチャンとはハングルでは「몸짱」、オルチャンは「얼짱」、マムチャンは「맘짱」と書きます。
「몸」(モム)は体という意味で、オルとは顔と言う意味の「얼굴」(オルグル)の略で、マムとは心という意味の「마음」(マウム)の略です。そして「짱」(チャン)とは最高という意味の言葉になります。ちなみに、チャン・ヒョク氏の出演作でもある”チャン”という映画も同じ言葉です。

つまり”モムチャン”はスタイルの良い人のことで、”オルチャン”は顔の良い人のこと、そして”マムチャン”は心のきれいな人のことを表しています。
[PR]
by foreverprince | 2007-01-03 21:19 | 韓国語
私はキリスト教の信者ではないので特別な感情はありませんが、あの優しい笑顔を見せてくれたローマ法王ヨハネパウロ2世という方が亡くなったことに、お悔やみを申し上げたいと思います。

ちなみに、韓国語では「교황 요한 바오로 2세(教皇ヨハネ・パウロ2世)」、英語では「Pope John Paul II(ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世)」、日本語では「ローマ法王ヨハネ・パウロ2世」と言うようです。
[PR]
by foreverprince | 2005-04-03 13:29 | 韓国語
以前から思っていたのですが、学校の事務局ってかなりレベルが低いので困ってしまいます。現在私が通っている学校の事務局も結構ひどい状態ですし、以前通っていたカルチャーセンターの事務局もお粗末そのものでした。あまりにもひどいので”私たちが払う受講料がこんな人たちの給料になっているのかと思うと腹が立つ”と言ってい受講生も多かったです。

実はつい最近通訳の学校でとても嫌な思いをしたので、”この学校の事務局と関わると嫌な思いをするだけなので、なるべく関わらないようにしているけれど、やはり嫌な思いをしてしまった”と言いに行きました。相手は平謝り状態でした。でも以前から全く進歩していないので、多分今後も改善することはないと思います。

もしかしたら、私の通っている学校が”会議通訳と同時通訳の養成では日本で一番”と言われているので、黙っていても人が集まってくるから何も改善しようとしないのかなと思ってしまいました。とにかく、こんな学校に通うために高い授業料を払うのはなんだか馬鹿らしいので、来学期は休学しようと決めた私です。
[PR]
by foreverprince | 2005-03-02 13:32 | 韓国語

映画『マラソン』

”マラソン”はハングルで”마라톤”と書きます。
でも今回の映画のタイトルは”말아톤”となっています。
多分これは映画のストーリーの関係で、何か意図があってわざと違う
表記をしているのだと思います。そして、東亜日報の日本語版では
このスペルを忠実に訳すために”マルアトン”という日本語訳を使って
いるような気がします。

さきほどこの映画のHPをみてなんとなく感じたのですが、多分主人公が
マラソンのスペルを正しく表記出来なかったので、このようなタイトルに
なったのではないかと思いました。

映画を観ればこのタイトルの謎が解けるような気がするので、なるべく
早くこの映画を観たいと思っています。

公式HP
[PR]
by foreverprince | 2005-02-02 15:53 | 韓国語
現在KNTVで放送中のドラマ「アイルランド」、このドラマの字幕をみていて”あれ?”と思うことがありました。

”눈사람(雪だるま)”を”アイス”、(注1)”구미호(クミホ・九尾狐)”を”はげたか”と訳していたのです。なぜ雪だるまをアイス、クミホをはげたかと訳す必要があるのでしょうか?もし日本人がクミホを知らなかったとしても、”狐の妖怪”と訳せば済む問題だと私は思います。それに雪だるまとアイスというのも似て非なるものですよね?文字数の関係で訳すのが大変なのは分かりますが、今回の訳にはどうも納得が出来ませんでした。

でも、この疑問をKNTVに投げかけてもきっと返事はないと思うので、このままにしておきたいと思います。

(注1)”구미호”とは、漢字をみればなんとなく想像出来るかもしれませんが、尾っぽが9つ付いている狐の妖怪です。もちろん想像上の生き物ですが、韓国で妖怪と言えば真っ先に”クミホ”が思い出されるほど有名な存在です。それもかなりな美人なのだそうですよ。ちなみに、チョン・ウソンさんとコ・ソヨンさんが共演した作品で映画化されていますので、興味のあるかたはご覧くださいね。
[PR]
by foreverprince | 2005-01-28 13:42 | 韓国語

通訳の話

”通訳になりたいのですがどうすれば良いでしょうか?”という質問をする方がいます。そういう質問をされる方は、”通訳というものはどこかの学校に行き、特定のカリキュラムを修了すれば必ずなれるものだ”と思っているような気がします。

でも、音大に通ったからといってすべての人が音楽家になれる訳ではないように、通訳の学校に通ったからといってすべての人が通訳になれる訳ではありません。通訳になるには外国語と母語の勉強が必要ですし、それ以外にも地理・歴史・文化・経済・政治などの知識も必要になってくると思います。

また、もし運良く通訳になれたとしても、日々勉強を続けていく必要もあるはずです。新聞に毎日目を通すというごく当たり前のことだけではなく、気になるニュースなどがある時は、ネットなども利用して知識を増やしていかなければなりません。通訳というものは、なるまでもなってからもかなり苦労が伴うものなのだと思います。

ただ、通訳になれるかなれないかは別問題として、とにかく通訳の学校がどんなところか知りたいので通ってみたいと言う方は、是非ご自分で情報収集してみてください。そうすればきっと自分に合った学校が見つかると思います。

学校が見つかったらその学校に実際行き、”どんな講師がどんな授業をどれくらいの授業料でしてくれるのか”を確認してみてください。よく説明を聞いて納得した上で学校に通うことが重要です。出来れば授業見学や公開授業の受講をするのがベストだと思います。

それと、もし海外で生活したことが無いと通訳になるのは無理だと思っている方。その考えは捨てた方が良いと思います。日本だけで勉強していても上手い人は上手いです。また、外国語が得意なので通訳になれるはずだと思っている人。それも大間違いなので考えを変えてください。通訳をする際に求められるのは、外国語の能力よりも母語の能力です。

私自身通訳として生活している訳ではありませんので偉そうなことは言えませんが、通訳の学校に通って現役の通訳者から色々な話を聞くうちに、学校に通う前には思いもよらなかった事実に触れ、”目からうろことはこういうことなのだな”と何度も感じました。

また、ボランティアでも構わないので実際通訳として活動することも良い勉強になると思います。通訳を目指している皆さん、学校選びも勉強も結局は自分自身でやることです。私のような素人に色々聞くのではなく、自分で色々と探して考えて将来のことを決めて行ってくださいね。

ちなみに私はまだまだ実力不足なので当分通訳にはなれそうにありません。今後も焦らず慌てず、のんびり勉強していきたいと思っています。
[PR]
by foreverprince | 2005-01-24 17:07 | 韓国語

「パッチギ」

<パッチギ(박치기)とは>

韓国語で”頭突き”という意味の言葉です。
[PR]
by foreverprince | 2005-01-16 17:00 | 韓国語

「FOREVER PRINCE」の別館です。最近では、試写会感想ブログのような状態になっています。


by foreverprince