カテゴリ:試写会(日本映画)( 47 )

昨日、TOKYO FMホールで行われた、映画「ありがとう」DVD発売記念試写会に行ってきました。

この映画は、阪神大震災の被災者で、60歳近くでプロゴルファーになったという古市忠夫さんの、自伝的な小説を映画化したものです。赤井英和さんが主演し、昨年11月に公開されたのですでにご覧になった方も多いのではないでしょうか?

私は、以前聴いたNHKのラジオ深夜便で、古市忠夫さんのことを知りました。震災で家も店も失った古市さんですが、幸いにもご自身とご家族、そして駐車場に置いていた車も無事だったそうです。震災後のばたばたで、車のことなどすっかり忘れていた古市さんが、駐車場で車のトランクの中にあったゴルフ道具一式が、無傷だったことを知り驚きます。そして”これはゴルフでお金を稼ぎないという神様からの暗示だ”と思い、その後プロテストを受験し見事還暦間際に合格するのです。

実は私、阪神大震災が起きたころは、韓国に留学したばかりでした。今のようにネットで色々なことが検索できる時代ではなかったので、韓国での情報収集は簡単ではなく、阪神大震災に関して詳しいことを知らないまま、留学生活を送っていました。また、留学生活に慣れるのが精一杯で、ボランティアなどをすることも出来ず、日本に一次帰国した際、コンビニの募金箱に小銭を入れることくらいしか出来ませんでした。

そんなこともあって、被災した方々にはなんだか申し訳気持ちを持ちを、ずっと抱き続けていたのです。そんな私がこの映画をみて当時の様子を知り、本当に驚きました。この映画で、家族や家を失ってしまった方々が、心の傷も癒えないような状態でも、なんとか復興に向けて努力する姿は、とても感動的でした。もしこのような地震が東京で起こってしまったら・・・と思うと、遠い神戸で起きた地震も、決して他人事ではないなと、いまさらながら思いました。

このDVDは明日27日に発売されるそうです。

[画像:エキサイトシネマより]
c0034138_1521511.jpg

[PR]
by foreverprince | 2007-06-26 15:32 | 試写会(日本映画)
昨日、サイエンスホールで開かれた、映画『パッチギ!LOVE&PEACE』の試写会に行ってきました。

この作品は、前作の『パッチギ!』とは登場人物も内容も異なる、まったく別の作品でした。今回は難病と闘う男の子のために家族が奮闘するお話です。

激しい乱闘シーンや流血シーンがありちょっと怖かったですが、とても勢いのある面白い作品だと思います。そして、ほろりとしてしまうシーンや爆笑してしまうシーンなど、盛りだくさんの内容です。そのせいか、ちょっと無理があるかなと思える部分もありますが(苦笑)、あまり細かいことは気にせず観れば楽しめるのではないかと思います。

ただ、この映画で描かれている歴史認識に関しては、人それぞれ見解が違うので、賛否両論といった感じになるのかなという気がしました。それと、人種差別に関しても、今よりも昔の話だったからなのかもしれませんが、”果たしてあれほど酷かったのだろうか?”という気もします。

また、今流行の70年代が舞台の作品なので、当時のファッションや流行っているものをみるという楽しさもあるかも知れません。愛国から幸福行の切符や、今はあまり見かけなくなった車やコーラのびんなどをみて、”懐かしいな~”と思ってしまった自分がちょっと恥ずかしかったです(苦笑)。

今晩9時から日本テレビで『パッチギ!』の放送がありますので、未見の方はぜひ今晩の放送もお見逃し無く。また、ボクシングの元世界チャンピオンの徳山昌守さんや、元ポルノ女優の愛染恭子さんもゲストとして出演しているので、ぜひ劇場でチェックしてみてくださいね。この映画は5月19日(土)より全国一斉公開です。

<関連情報>
公式サイト
公式ブログ

Yahoo!映画 の特集コーナー
c0034138_12453476.jpg


(PS)この映画の主人公アンソンを演じた井坂俊哉さんが、現在”アンソンが行く!1万人握手キャンペーン”というものを行っていたため、映画が終わったあと出口で握手をして頂きました。とても大きくてやわらかくて温かい手でしたよ。ファンの方にとってはたまらないサービスだったのではないでしょうか?
[PR]
by foreverprince | 2007-05-18 12:39 | 試写会(日本映画)
19日(木)虎ノ門にあるニッショーホールで行われた映画「THE焼肉ムービープルコギ」の試写会に行ってきました。

この映画は、漫画が原作の焼肉映画です。舞台は北九州にある「プルコギ食堂」。このお店は店名がプルコギなのに、何故かメニューには白肉と呼ばれる牛の内蔵しかないという不思議なお店です。(ちなみに、カルビなどは赤肉と呼ぶそうです。)

このお店には、コプチャン(牛の小腸)を焼かせたら右に出るものがいないという老人がおり、弟子のタツジと孫娘のヨリがその老人をサポートし、店にはたくさんのお客さんが訪れ繁盛していました。

一方、東京には焼肉チェーン店を全国に展開している「虎王」という人気店がありました。「虎王」には経営者の息子で料理人のトラオという、テレビ番組の料理バトルで有名になった天才料理人がいます。

この「虎王」、料理バトルの影響なのか、全国のチェーン店の売り上げも上々。でも、何故か北九州での売り上げは伸び悩んでいました。その理由が「プルコギ食堂」の存在だったのです。

「プルコギ食堂」の存在を知った天才料理人のトラオは、その老人と腕試しがしたいと思い、テレビの料理バトルへ出演を依頼。自分と対戦してほしいとお願いするのですが、老人はトラオの目の前でコプチャンを焼きながら突然亡くなってしまうのです。そこで、弟子のタツジがトラオと対戦することになるのですが・・・。

だいたいこんな内容です。観終わった後に焼肉が食べたくなるおいしい映画。お肉が大好きな方には、とても楽しめる作品だと思います。

また、この映画が田村高廣さんの遺作になってしまったそうです。とてもよい役者さんだったのに残念です。この場を借りて故人のご冥福をお祈りしたいと思います。

田村高廣さん、松田龍平さん、山田優さん、ARATAさん、桃井かおりさん、竹内力さんなど、豪華キャストが出演しているこの作品は、5月5日から全国公開です。

(関連サイト)
THE焼肉ムービー[プルコギ]
映画公式ブログ
c0034138_1121512.jpg

牛角*現在牛角では、この映画に登場したメニューが食べられるそうです。
[PR]
by foreverprince | 2007-04-20 12:20 | 試写会(日本映画)
21日(月)九段会館で行われたドキュメンタリ映画「ディア・ピョンヤン」の試写会に行ってきました。タイトルだけではいったいどんな内容なのかピンとこないかも知れませんので、簡単に内容を説明しておきたいと思います。

この作品は、大阪生野区にあるコリアンタウンで生まれ育った在日2世の映像作家であるヤン・ヨンヒさんが、朝鮮総連の活動に熱心だったご両親と、帰国事業で北朝鮮に渡った3人のお兄様とそのご家族のことを、長年にわたって取材した映像をもとに作られた作品です。

この作品では、普段ニュースでよく耳にする万景峰号の船内の様子や、万景峰号からみた新潟港を出発する際のお見送りと元山港に到着するときのお出迎えの様子や、ピョンヤン市内の様子といった貴重な映像も観ることができます。

また、映画の中で主人公として扱われているアボジ(お父さん)と娘さんのやり取りからは、思想や世代の違う親子(父と娘)の葛藤や摩擦なども垣間見られ、色々なことを考えさせられました。

ここまで書くとかなり重い内容だと思うかも知れませんが、決してそうではなく、映像を見ながら笑い出したり、涙ぐんだりと、色々な側面を持った作品に仕上がっていたように思います。私はこの作品を観終わった後、c0034138_0503745.gif是非多くの方にこの作品を観ていただき、朝鮮総連や民団につぃて、また日本にいる在日の方々のことに関心を持っていただけたらよいのになと思いました。

この映画はシネカノンさんの配給で8月26日より渋谷シネ・ラ・セット、9月2日よりポレポレ東中野にてロードショーされます。興味のある方は是非ご覧になってみてくださいね。
[PR]
by foreverprince | 2006-08-23 00:53 | 試写会(日本映画)
映画「フラガール」の試写会の感想を書こうと思います。

この映画は、今は閉山してしまった炭鉱町に、リゾート施設「常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)」を作ることになったという話を映画化したものです。実は私、このお話をドキュメンタリー番組でみたことがあるのですが、石油の時代になり炭鉱としては成り立たなくなってしまった町に、何か別の仕事場をということで会社側が当時は誰もが憧れていたハワイを日本に作ろうということでこの施設が考え出されたのだそうです。

当時の日本では女性が腰みのをつけて踊りを踊ることは考えられなかったので、”フラダンスなんて恥ずかしくて踊れない””日本にハワイだなんて”などと文句を言う方が多く、最初はフラダンスのチーム作りも上手くいきませんでした。でも、”従業員を解雇しないためにはこの方法しかない”という会社側の熱意に、反対していた住民たちも重い腰を上げ徐々に協力的になっていったのだとか。その感動的な話を映画化したものなので、会場では涙を流している方もいらっしゃいました。

私の個人的な感想としては、最後のフラダンスのシーンはとても見ごたえがあるので、是非観ていただきたいなということです。ただ、とても良い作品だとは思いましたが、上映時間がちょっと長かったかなという気もします。もしかしたら会場の椅子が悪かったのかも知れませんが、実は映画の途中でお尻が痛くなってしまったのです(苦笑)。でも、それ以外は満足できる映画だったので、是非多くの方に観ていただきたいなと思います。おススメです♪

c0034138_22584623.jpg
(写真:映画「フラガール」公式サイトより)

PS:この映画の中に”でれすけ”という方言が出てきます。福島出身の人に聞いたところ、”でれすけ”とはどうやら”お馬鹿さん”というような意味のようです。
[PR]
by foreverprince | 2006-08-14 23:03 | 試写会(日本映画)
映画「フラガール」の試写会に行って来ました。とても良い映画でしたよ、感想は後日改めてUPいたします。
c0034138_218292.jpg

[PR]
by foreverprince | 2006-08-04 02:17 | 試写会(日本映画)
昨日恵比寿ガーデンホールで行われた映画『MAKOTO』の試写会に行って来ました。バレンタインデーだったので、上映前に東山君・ベッキーちゃん・鏡リュウジさんのトークがあり、会場には黒木瞳さんと仮屋崎省吾さんも来ていましたよ。詳しいことは明日HPでお知らせしたいと思います。お楽しみに♪

(関連記事)
東山 ハトも逃げれば女性も… (デイリースポーツ)

(映画HP)
『MAKOTO』
[PR]
by foreverprince | 2005-02-15 11:57 | 試写会(日本映画)

「FOREVER PRINCE」の別館です。最近では、試写会感想ブログのような状態になっています。


by foreverprince