映画『怒り』ジャパンプレミアに行ってきました。

9月14日(水)18時半~東京国際フォーラムホールAで行われた、映画『怒り』のジャパンプレミアに行ってきました。この作品は吉田修一さん原作の同名小説を映画化したものです。当日は、李相日監督・渡辺謙さん・宮崎あおいさん・松山ケンイチさん・妻夫木聡さん・綾野剛さん・広瀬すずさんの舞台挨拶の後、映画の上映(2時間22分)が行われるというとても豪華なイベントだったので、ホールには観客だけではなくマスコミの方々もたくさん来ていました。

映画のあらすじを簡単に書いておきますね。八王子の住宅街で夫婦が自宅で惨殺されるという事件が発生。警察は現場に残された指紋から容疑者を特定し指名手配をするが、犯人の情報が得られないまま事件から1年が過ぎてしまう。

その頃、東京の新宿2丁目では直人(綾野剛)、千葉の漁港では田代(松山ケンイチ)、沖縄の離島では田中(森山末来)という3人の正体不明の男性が現れる。彼らの共通点は殺人事件の犯人の似顔絵と似ているということ。テレビの公開捜査番組をみた彼らの周囲にいる人たちは、彼が犯人なのではないかと不安になる。はたして3人の中に殺人事件の犯人はいるのだろうか…。

自分が愛した人が凶悪犯かもしれない。そんな状況に陥ることはほぼゼロだと思います。が、もし万が一そんな状況になったら、あなたはどうしますか?相手を信じる?それとも疑う?そういうことを考えさせられる映画でした。

この作品はかなり重たい内容なので、映画を観終わった後、さわやかな気持ちにはなれません。もやもやした感情が残り、とても疲れてしまうと思います。でも、観ごたえは十分です。さすが李相日さんが監督と脚本を担当しただけのことはあるなと、感心してしまいました。映画『怒り』は9月17日(土)より全国公開です。

[関連記事]
渡辺謙が『怒り』監督を大絶賛!「李相日は日本映画界の宝」(Walker+)

[画像]
c0034138_14283726.jpg
[c]2016映画「怒り」製作委員会(Walker+より)
[PR]
by foreverprince | 2016-09-16 15:00 | 試写会(日本映画)

「FOREVER PRINCE」の別館です。最近では、試写会感想ブログのような状態になっています。


by foreverprince