映画『ビューティー・インサイド』の試写会に行ってきました。

12月22日(火)19時~ユーロライブにて開催された、韓国映画『ビューティー・インサイド』の試写会に行ってきました。この作品には、上野樹里さんが出演しています。

ごく普通の高校生18歳のキム・ウジンは、ある日目が覚めると全く違う外見の人物になっていました。どうやら彼は、目が覚めるたびに、年齢・性別・時には国籍も違う外見になってしまう特殊な人物(?)だったのです。この事実を知っているのは、彼の母親と親友のサンベクだけ。彼は毎日同じ職場や学校に通うこともできず、親友の協力を得てネット販売専門の家具職人になります。

家具職人としてのキャリアを順調に積んでいたウジンは、ある日家具店に買い物にいき、その店で働く女性イス(ハン・ヒョジュ)に一目ぼれをしてしまうのです。彼女の姿を見るために、違う姿で毎日家具店に通うウジン。いつか彼女に自分の気持ちを伝えたいと思い、彼女に告白できるような外見になる日を待っていました。

かっこいい若い男性になった日、彼は彼女をデートに誘い出すことに成功します。そして、楽しい時間を過ごすのです。なんとかしてこの関係を続けていきたいウジンは、眠らなければ同じ姿のままでいられるということに気が付き、数日間徹夜をして過ごすのですが、ついうっかり地下鉄で寝過ごしてしまい、全く違う姿になってしまいます。

彼女との関係をこのまま終わらせたくないウジンは、イスに自分の秘密を打ち明けることに…。果たして、イスは毎日姿が変わるウジンのことを、受け入れられるのでしょうか?

たぶんこの映画は、人は外見だけではなく、内面も重要だということが言いたかったのかなと思いました。にしても、毎日年齢・性別・時には国籍も変わるとなると、ものすごく大変ですよね。靴のサイズが合わなかったり、老眼鏡がないと文字が読めなかったり、面倒なことだらけ。自分がもし同じ立場だったら、きっと精神的なダメージを受けてしまうような気がします。

それから、最後の方で、ウジンが海外に行くシーンがあるのですが、毎日姿が変わるのにパスポートはどうしたのかなという疑問が残りました。とりあえず韓国人の一般的な男性の姿でパスポートを作り、その姿に近づくまで出国を待っていたのでしょうか?それと、ついうっかり飛行機の中で寝てしまったら、入国も出来ないはずです。もしこれが事実だったら、かなり不便だなと思いました。

とっても不思議なストーリーのこの作品は、2016年1月22日(金)からTOHOシネマズ新宿などで全国順次公開です。

c0034138_19545426.jpg

[画像:公式サイトより]
[PR]
by foreverprince | 2015-12-29 19:56 | 試写会(韓国映画)

「FOREVER PRINCE」の別館です。最近では、試写会感想ブログのような状態になっています。


by foreverprince