映画『牛の鈴音』の試写会に行って来ました。

25日(水)18時半から四谷にある韓国文化院ハンマダンホールで行われた、映画『牛の鈴音』の試写会に行って来ました。この作品は韓国で大ヒットしたドキュメンタリー映画です。

慶尚北道の山奥で農業をしている老夫婦と、農耕用に飼われている牛が主人公のこの映画には、ナレーションがありません。老夫婦と牛の日常をカメラにおさめたものが78分間上映されています。

この作品に登場する牛の年齢は40歳。牛の平均的な寿命は15年なので、かなり長生きしたおばあさん牛です。

牛は農作業だけではなく、老夫婦の外出時の車を引っ張る仕事もするほどの働き者(牛?)。「この牛のお陰で老夫婦は9人の子供を育てることが出来た」と言いながら、おじいさんは牛をまるで家族のように大事にしています。

牛の食べる草がダメになると言って、一切農薬を使わず、機械の導入もしない頑固なおじいさん。そのことに文句を言い続けるおばあさん。この2人のやりとりがなんとも微笑ましく、観ていて穏やかな気持ちにさせられます。

そして、年老いた牛の体はよる年波には勝てず、獣医からもあと1年の寿命だと言われてしまい、老夫婦は牛を売るか最期まで看取るか悩むのですが・・・。

牛の首に掛けられた鈴の音が印象的な、とても静かな作品です。大スターが出てくる韓国映画とは全く違った、なんとも言えない味わいのある映画だなと思いました。皆さんもぜひこの作品をご覧になってみてくださいね。

この映画は、2009年12月19日より シネマライズ、銀座シネパトス、新宿バルト9ほか全国にて公開されます。

[画像:ウーマンエキサイトシネマ]
c0034138_178358.jpg


(追記)「아이고, 내 팔자야 !」と言っていたおばあさんの言葉が印象的でした!
[PR]
by foreverprince | 2009-11-26 17:11 | 試写会(韓国映画)

「FOREVER PRINCE」の別館です。最近では、試写会感想ブログのような状態になっています。


by foreverprince